夜勤病棟の女神様(仮)

ひよっこナースの日常

看護師

第113回看護師国家試験を味わう(1) その問題は免許するために必要か

夜勤続きだったり引っ越し準備だったりで出遅れましたが、113回看護師国家試験問題をようやく解き終えました。何回かに分けて味わっていきましょう。毎度最後にたどり着けないのですが、まあ、今年もそんな感じかな。まずは概観を。 なお、予想は惨敗です。 …

ゆあふぁみりーねいむ

Family nameという文字列を見たら、ああ姓ね、日本的にはfirst nameね、となるわけですが。 今日はちょっとした失敗談。 英語で留年しかけた20年後 ある朝、出勤すると、「英語しか通じないからよろしく」と入院時に患者や家族等から署名を得なくてはならな…

第113回看護師国家試験 予想問題3問(看護師(17)編)

今年もやってきました。第113回看護師国家試験の問題を予想するお時間です。 第112回予想問題 第111回予想問題 → 第112回で出題 第110回予想問題 第109回予想問題 → 第111回で出題 第108回予想問題 第107回予想問題 出題基準は昨年から適用の厚生労働省医政…

病院のゆく年くる年

2019年末を最後に冬コミに参加することもなく穏やかな年末を送っているつもりでしたが、意外と忙しかったのかこの時期の病院について書いたことがありませんでした。今回は年末年始の病院の様子をお届け。 いつも通りの休日運用 通院患者に対応する外来は救…

学修成果レポートの長いあとがき

じんぐっべー、じんぐっべー、すっずっがーなるー。 昨日公開した学修成果レポートについて、言い訳する時間がやってきたよ。 テーマと弱い結論 現役の臨床看護師なので、臨床からネタを持ってくるってのは自然なところだと思います。身近にこんな問題があっ…

サンタではないから学修成果レポート全文公開

Merry Christmas! ちょっと早いけど予告通り、大学改革支援・学位授与機構の学位授与申請に挑戦している人たちへのプレゼント。 当方が学位授与申請で提出した学修成果レポート全文、要旨と本文を公開いたします。 ざっとウェブを検索した限り、全文公開して…

16年後の挑戦

突然に別科入試特集が並んで「え? 看護師やめるの?」的な感じになってしまったので、今回は看護師をやめて別科そして養護教諭を目指すに至った経緯を書いてみましょう。まあそんな反応が得られるほどに読まれてはいないのですが。 借りを返そう 当初より5年…

7日間15時間で合格する別科入試

いよいよクライマックス、別科入試特集第3回は試験勉強について。時間がないあなたも経験と結果に基づいたこの勉強法で勝てる、はず。 別科入試特集 第1回 概観 別科入試特集 第2回 試験問題分析 別科入試特集 第3回 試験勉強法 (この記事) どんと掲げたと…

別科入試問題なる彼を知る

別科入試特集、第2回。今回は受験した北海道教育大学養護教諭特別別科の一般入学試験問題を分析していきます。 全2回の特集のはずが全3回になりました。 別科入試特集 第1回 概観 別科入試特集 第2回 試験問題分析 (この記事) 別科入試特集 第3回 試験勉強…

3連戦の結果は別科合格から

ただいみゃ。前回「次の試験群を抜けたら」と申したとおり、2週間隔での3連続試験を終えて戻って参りました。 11月12日 第一種冷凍機械責任者試験(札幌) 11月26日 北海道教育大学 養護教諭特別別科 一般入学試験(函館) 12月08日 色彩技能パーソナルカラ…

幸先のよい一勝

祝 合格 4月の学修成果レポート提出と修得単位申請、6月の東京での小論文試験を経て、本日、合格通知と学位記を手にしました。学士(看護学)の学位を得ましたよ! あれこれは次の試験群を抜けたら 当blog恒例、夏枯れとなっている今日この頃。学修成果レポー…

初めてはまだまだたくさん

先ほど3泊4日東京の旅から帰ってきました。そう、学位授与試験を受けてきましたよ。 西武多摩湖線に初めて乗る 試験会場は大学改革支援・学位授与機構 小平本館、一橋大学の小平国際キャンパス内にあります(Google Maps)。試験は1030からと1430からの2部制…

締め切りはいつだって背中を押してくれる

本日2023年4月5日、その締め切り日に大学改革支援・学位授与機構へと学位授与申請書を発送しました。 必要単位を大学で積み上げる(2023年3月まで、終了) 学修成果レポートを大学改革支援・学位授与機構に提出する(2023年4月、終了) 筆記試験を大学改革支…

コロったってことはzero trustなんだよ

ついに私もコロってしまいました。寒さに引きこもっていたぼっち本格派なので、どこで感染したのかは明らかですね。 さて、いざ感染してみて己の行動、組織の感染管理はどうだったのかなってのを振り返ってみると、改善すべきことを3つ思いつきます。 換気は…

年越し宗谷岬、今年もどうかご安全に(360日後だけど)

あけましておめでとうございます。昨年末から元旦にかけては暖かめだった(と言っても氷点下)稚内ですが、2日から本気を出してきましたね。道内各地での降雪量も増えているようです。 さて、そんな穏やかな年越しでしたから稚内は大賑わい。街は相変わらず…

病院は公金で経営される1号営業店か

市立稚内病院で再び、そして三度の集団感染があった旨、稚内市より発表がありました。一度目は今年8月、すでにネタにしております。今回はこれの続き的な話。稚内で病院に求められているらしいこととは。本来病院が患者とともに目指すべきこととは。稚内で病…

単位修得は瞬発力で乗り切る

涼しい部屋でさんま蒲焼重を食べる贅沢。と言っても、気温が17度なので何もしなくて部屋は涼しく、さんま蒲焼重は目の前のセイコーマートにて626円で買ってきたものです。あ、それでも100円値上げされたのですね。ウナギが高いからと始めたらしいですが、サ…

不真面目なよい学生、真面目な悪い学生

大学での単位積み上げは順調に進めております。レポート科目の修得も終え、残る必要単位は1。そんな中でふと思いだした、最初の大学での出来事と、今の私と。 単位積み上げ状況 区分 科目 方法 単位数 評価 看護専門科目 国際看護論 R 2 S 看護専門科目 文献…

これが三度目の正直だと言わせて

学生を三度始めて1ヶ月、以外と順調に単位を積み上げています。数字で言えば必要単位数31のうち27を修得しました。 この辺で履修した、あるいは履修予定の科目をご紹介。 区分 科目 方法 単位数 履修 修得 看護専門科目 生涯看護学概論 R 2 看護専門科目 看…

今ひとたびのわれを待たなむ

突然ですがこの春より再び学生となりました。 負けたままではいられない とは言え看護師をやめて学生になったわけではなく、兼業の通信学生。武蔵野大学 通信教育部 看護学コースの科目等履修生になりました。 住みにくければ最低5年はいると決めて稚内にや…

手術後わいせつ裁判は差し戻し、看護記録の法的価値は崖っぷち

当blogでも注目してきた「関根進氏はおっぱいしゃぶったの? しゃぶってないの? 事件」、正式名称「準強制わいせつ被告事件」に対する最高裁判決が本日示されました。*1 主文 原判決を破棄する。 本件を東京高等裁判所に差し戻す。 (https://www.courts.go.j…

稚内が陸の孤島になった日、2つの発見

あけましておめでとうございます。年始は久しぶりにひどい風邪をひいてしまい、こんな時期のご挨拶に。とは言えまだまだ年明け間もなく。そんな今週、2022年1月12日に道北は悪天候に見舞われ、稚内はついに陸の孤島となってしまいました。 稚内から出られな…

2021年冬期 第24回 認知症ライフパートナー検定試験 2級 解答速報

夏が終わりblogに精を出す季節のはずが放っていた理由の一つがこれ。 晩秋に第三種冷凍機械責任者試験を受けることは年間計画として予定していたのですが、さらにその後、お察しいただきたい許しがたい理由により昨日2021年12月12日、認知症ライフパートナー…

稚内が暑い

ここまでで言いたいことは言った。暑い。 今週に入ってからの北海道は異常な暑さで、全国の最高気温トップ10の多くに北海道が現れる始末。北の果て稚内すらも暑く、ついには最高気温で東京を上回ってしまいました。 今週の最高気温(℃)を並べるとこんな感じ…

第110回看護師国家試験を味わう(3) ぼくは隷属的なんだよ(午後119)

問題そのものとして気になったのは前回の午前3と、この午後119です。こちらは定義のある話ではありませんから、なかなか難しいところですね。 入院させたからと言ってはいけない 早速問題を見てみましょう。 Aさん(88歳、男性)は、10年前に脳梗塞を発症し…

第110回看護師国家試験を味わう(2) フロンの使用は不適切(午前3)

不適切問題に期待を膨らませる受験生も少なくないであろう中、今年も日看学協から物言いがつく時期となりました。しかし今回は物言いを付けにくそう。明解な問題ばかりです。私が気になったのは2問。午前3の大気汚染物質について、午前119の夜間不穏患者に対…

日本看護協会、看護師は安値で使い捨てとひっそり表明

使い捨ては構わないんだけど、それをひっそりと表明するのはいただけませんな。 日本看護協会、ジャニーズから5億円を得る ジャニーズ事務所から日本看護協会に、5億円の寄付がありました。この寄付で日本看護協会は「Johnny's Smile Up! Project基金」を設…

感染予防のため、COVID-19に関わる看護師を避けるべきか

COVID-19の大流行が続く中で、途切れることがないのがCOVID-19に関わる医療従事者に対する差別事件。医療従事者の中で最大派閥を誇る看護師にそのたまは直撃しておりまして、Google先生に聞くとそんな事件を報じる記事が山ほど出てきます。ここまでのまとめ…

手術後わいせつ裁判が訴える、病院におけるCIO, 強い情シスの必要性

おっぱいしゃぶったの? しゃぶってないの? 今回は久々の長編。話題の裁判から見る看護師のお仕事とITのお話。 もう1ヶ月以上も前の話になりますが、準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医 関根進氏の控訴審で、東京高裁が懲役2年の実刑判決を言い渡しました…

実録、COVID-19で看護師の給料はこう変わった

お久しぶりです、3ヶ月ぶりですか。給料がおちこんだりもしたけれど、私はげんきです。今回はそのお話。 COVID-19による看護師の給料下落は先月あたりから世間で話題になっておりますが、当blogとしては3月3日に「COVID-19で暇になるぞ」と申しておりました…