夜勤病棟の女神様(仮)

てっぺんの街、ひよっこナースの日常

マナー講師曰く、情報通信業従事者は人に非ず

マナー講師が徳利の斬新な使い方をマナーと宣ってTwitterが盛り上がったのもつい最近の話。マナー方面の連中は金のためなら正しさなどお構いなし、私の嫌いな存在です。奇しくも先日、某市新採用職員研修でマナー講座を2日間も受講する機会に恵まれ、こいつらがいなくなれば世界はどんなにもよくなるだろうと改めて実感しました。今回はその中から、日々厳しい要求と戦うIT業界のみなさまにせつなさ炸裂する*1ネタを紹介しましょう。

notemachi, this pic may have been posted via here.

人は傷付くが、情報通信業従事者は傷付かない。つまり、

マナー講座の中に欠かせないのは、革新的な敬語を柱に含めた彼ら流の日本語講座。その中で、おもしろいことを言っていました。

なるほど。「あなたと、コンビに、ファミリーマート」は音商標として彼ら自身が登録しているぐらいなんだけど、ダメなのかねぇ。万人に通じることを目指して略称ではなく正式名称を基本にしましょうってんならわかるけど、傷付くと来ましたか。飛ばしてるねぇ。

直後ですよ。御マナー講師様が宣うのです。

  • 「NTT」
  • 「お電話が遠いようで」

「NTT」ってのはもしかして、日本電信電話株式会社のことでしょうか。しかし今や日本電信電話公社ではありませんからね。日本電信電話株式会社は持ち株会社です。文脈からは東日本電信電話株式会社か西日本電信電話株式会社のことのように思われるのですが、いかがでしょうか。あー、東日本電信電話株式会社や西日本電信電話株式会社などは傷付きうる「人」の働く会社ではなく、NTT東日本NTT西日本という略称すらすっ飛ばしてNTTで十分であると。どれだけ省略したところで傷付く「人」がいないとおっしゃるのですね。

電話から聞こえてくる音声が小さいという事実を「お電話が遠い」と電話のせいにしましたか。東日本電信電話株式会社や西日本電信電話株式会社みなさんはもちろん、電話機から電話機までの間*2には、様々なところで働いているみなさんの仕事が詰め込まれています。実際、「電話が遠いんだよね」と不具合報告を受け取る方々すらいます。ああ、なるほど。彼らは傷付きうる「人」ではないと。音が小さいという事実を全て電話のせいにしても、彼らは「人」ではないから傷付くことなどないとおっしゃるのですね。

情報通信に携わっていた私は、携わってた「人」じゃないんだなと、寒空の下に痛感しました。

伝送という言葉を知っている私たち

ちなみに、私自身はコンビニもファミレスも、NTTもお電話が遠いも気にしません。わかりますから。ただ、自分からお電話が遠いとはあまり言いません。音が小さい、あるいは途切れるとか、雑音が入るとかの方が正確でしょ。

言語を用いたコミュニケーションで重要なことは、伝わることだと私は確信しています。コンビニやファミレスで伝わるならそれでいいんじゃないでしょうか。しかしちょっとお堅い文書上では、コンビニエンスストアファミリーレストランと書いた方が伝わることもあるでしょう。ファミリーレストランはさらに意味をハッキリさせるため、家族連れで行きやすいレストランと言った方がよい場面もあるかも知れません。

御マナー講師様は相変わらず、いわゆるバイト敬語*3を扱き下ろします。しかし伝わることに重きを置けば、バイト敬語に不足があると言えるでしょうか。一方、御マナー講師様が改変を続ける日本語はいかがでしょうか。今回の例で言えば、情報通信業従事者を非「人」であると伝えたいのでしょうか。あ、伝えたいんですかね。

以上、マナー方面には情報通信業従事者を「人」に非ずとする向きがある旨、紹介いたしました。踏まえて、私は「人」でないものとして、医療従事者としても伝えることに努めたいとの気持ちを記して、今回の記事を締めましょう。

三省堂国語辞典 第七版

三省堂国語辞典 第七版

三国編集委員の見解すら軽んじていた。許しがたい。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:えみりゅんとか出てこないよ。

*2:現医療従事者として聴力の低下も考えておきたいところ。そこを支える医療や機器すら含むんですよね、本当は。

*3:「期間の定めのある労働契約に基づき雇用される従業員敬語」と申した方がよろしいかしら。

コンビニほど便利じゃない、救外は休外だよ

コンビニ受診」という言葉はいつ頃現れたのでしょうか。Google Trendsによれば2007年11月頃のようです。Wikipediaに「コンビニ受診」立項されたのも2007年12月です。どうやら11年ほど前に現れた言葉のようですね。

今ではすっかり定着した「コンビニ受診」という言葉、その行動を差し控えて欲しいと訴える医療関係者すら口にするのを見て私は悲しい気持ちになります。

今日はコンビニ受診の行き着く先、救急外来についてのお話。そしてコンビニ受診なんて存在しないんだよってお話。

雪の中、救急車は行く

救急外来って何?

「救急外来」とは、コンビニ受診に軸足を置いて説明すると、休日深夜も24時間営業している外来のこと。救急車で運ばれる先と言うとわかりやすいかな。

どこの病院*1にもあるわけではなく、ある程度大きな病院にだけあります。ここも、救急車が行く病院といった方がわかりやすいんでしょうかね。

「救急外来」という名は体を表しており、本来は、救急、つまり急な病気や怪我に対応する外来です。もっと言えば、急ぎ命を救うための外来です。ここからはその救急外来の実態を説明しましょう。

コンビニは何でも揃うけど、救急外来はあまり揃わない

コンビニの何が便利って、何でも揃うことですよね。値段はちょっと高いけれども、欲しいものはだいたいある。食料品は生鮮から弁当まで、日用品、衣料品、衛生用品、書籍や雑誌と充実しております。広さだけでなく深さも相当なもので、何か飲み物を買おうと行けば、迷うほど置いてあります。ものだけじゃなくてサービスもありますよね。複合機を利用したコピーやFAX、ATMでの入出金、キオスク端末でのチケット購入や各種支払いもできます。日常生活に必要な物事のだいたいをカバーしている気がしますよ。

一方の救急外来は、実は、あまり揃っていないんです。コンビニの売り物に対応するのは、薬剤でしょうか。限定的にしか置いてありません。急な病気や怪我で必要なものに絞られており、慢性的な治療に必要な薬などはありません。例えば「高血圧の薬」として患者が一定期間もらって内服するようなものは置いていないこともあります。また、サービスも限られます。検査がいい例で、基礎的な検査である血液検査やレントゲン撮影すら、すぐにはできない病院もあります。

救急外来にはコンビニのように何でもあるわけじゃないんですよ。むしろ病院全体の機能と比べれば、何かと足りない。

コンビニ店員はいつも均質だけど、救急外来の医師はいつも違う

コンビニの魅力は24時間、いつでも同じことです。店員の質についてもそれは言えることで、いつ行っても、店員の対応まで含めて均質なサービスが受けられます。例えば税金の払込票を持っていけば、いつだって同じように税金を収納してくれます。

しかし救急外来の医師は異なります。当番制で病院の医師から数人が、その日の救急外来を担当します。担当医師の専門は消化器内科かも知れませんし、呼吸器内科かも知れません。はたまた整形外科かも知れませんし、小児科かも知れません。診療科にかかわらず医師は医師ですから、救命に関わる診療はできます。しかし整形外科の医師が担当する救急外来で、以前から煩う心不全の相談をしても、循環器内科外来と同じ質の答えは得られないでしょう。

救急外来の医師には急ぎ命を救う以外の能力が保障されていません。改めて言うと、どの診療科の医師がいるかわかりません。

救外じゃなくて休外だから

我々医療関係者は、救急外来のことをよく「救外」と、「きゅうがい」と省略して呼びます。ただ、その実態は「休外」、「休んでいる外来」と言っていいかも知れません。平日日中の外来が持つ機能のほとんどは持ちません。救急救命に特化した最小限を持っているだけです。

コンビニ受診」と言えば、受診先の救急外来はコンビニのように何でも一通り揃う、一通りの診療が受けられるところだと思う方も少なくないでしょう。しかし実際には何も揃わない、自らの意思で受診するような場合に欲しいものは何もないようなところが救急外来です。

今「コンビニ受診」だと思い休日深夜の救急外来に訪れる人も、実は行く先がコンビニとは似ても似つかぬ不便な「休んでいる外来」だと知ったら、救急外来へ行かなくなるんじゃないかなと思うのです。実際、救急外来で「翌日外来を受診しろと言われた」、「いつももらっている薬がもらえなかった」と憤る声を聞きます。医療関係者は「当然でしょ、バカじゃないの」と一笑に付しますが、バカなのは医療関係者です。

私たちが「コンビニ受診」と言うことをやめない限り、彼らは正しい知識を身につけることなく、私たちは不要な患者の列に悩まされ続けます。だから私は、彼らが「コンビニ受診」と口にするたびに、悲しい気持ちになるのです。単純に「不要な救急外来の受診」ではいけないのでしょうか。

Dr.アシュラ (1) (ニチブンコミックス)

Dr.アシュラ (1) (ニチブンコミックス)

何でもできるアシュラがいる救急外来ですら、命を救うことに限っているんだぞ。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:ここでは法的な診療所と病院の区別は無視して、一括りに病院ね。

病院に毎日通う人たち

公共セクターに何かと難癖つけることでおなじみの地元新聞*1稚内プレス』が10月12日付で市立稚内病院についての記事を掲載しました。

 市立病院並びの民家や店舗が壊され第3、第4の駐車場が確保される中、小社から近い第4駐車場に○が4つ重ね合うマークの外車が平日に駐まっているのに気付いた。数カ月前から駐車しており最初のうちは懐疑的でなかったのだが外車なものだから意識して見るようになると毎日ちゃっかり停まっている。  この駐車場は通院(入院も)患者用の場所であり、外車の持ち主は毎日診療に来ているわけでもなかろう。一般患者の邪魔になるので即刻、駐車場代わりにするのは止めるべきである。

稚内プレス 2018年10月12日より)

わざわざ高級車*2だろうと言わんばかりで、遠回しに職員、特に医師の車だろうと言いたいのでしょう。

私自身の目で確かめておりませんからそもそも毎日駐車されているのかも疑わしいところですし、ましてやそれが職員のものってのは怪しい話です。ですから、この記事そのものについてどうこう言うつもりはありませんが。この記事から、意外と知られていない、病院に毎日通う人たちについて、この機にお話ししようかなと思います。

ほとんどは職員、そのうち最多は看護師

市立稚内病院の場合で、職員は合計で約500名。この職員が最も多い、毎日通う人たちの分類になります。

全職員のうち半分、250名が看護師です。医師は30名。残り200名強の内訳は公開されていませんが、一般的な割合で見て、150名ぐらいが医療従事者、50名ぐらいが事務職員。なお、常勤換算、任意の平日1日にいる職員数は500名より少なくなります。24時間体制が基本の看護師が特に少なく、だいたい平日日中で2/3ぐらいの人数でしょう。

ちなみに市立稚内病院の外来患者数は1日当たり800名、入院患者数は220名。

意外といるよ、患者の家族

病院に行く人と言えば、患者か職員かを考えますよね。患者は入院して常にいるか、外来にスポットで行くかです。つまり毎日通うとなれば職員だろうとなり、前出の記事の発想に至るわけですが。

入院患者を語るときに忘れてはならないのは、患者の家族や入所している施設職員の存在。特に家族には、毎日患者の病床に通う人がいます。中には朝から晩まで院内にいる人も。施設職員でも、まめなところだと毎日通っている場合があります。いずれも多くはありませんが、いるのです。

件の車が誰のものかはわかりませんが、患者の家族には毎日通う人がいるという事実をこの機に知ってもらえたらなと思います。知っていることで違った景色が見えてくることもあることでしょう。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:人がいない稚内でいがみ合っても仕方ないのに、と思うのはよそ者だけなんですかね。

*2:日本におけるAudiの車ってそーゆー高級車なの? 乗るのが好きな人が買うものかと思ってたけど。

バックアップ電源で避難所に人を集めよう

観光客が戻ってきた稚内

北海道胆振東部地震から1週間ちょいが経過した3連休の週末(に草稿を書いたんですよ)、稚内への観光客も回復傾向でした。一時はさっぱりだったBMWやHarley-Davidsonのバイクも見かけるようになりましたね。写真は連休最終日、9月17日の日の入り時刻の夕日が丘パーキング。ここに関していえば、地震の前と同程度に人が来ていました。尤も、連休最終日の夕方にここにいるってことは、連休が関係ないのかも知れませんが。

さて、今回も北海道胆振東部地震のお話。

電気、ガス、水道、一番重要なのはどれか

電気、ガス、水道の中なら、水道が一番重要といわれがちです。しかし実際に最重要なのは電気。一戸単位で見れば水だと思われますが、今回の「北海道全体」のような広範囲では、電力が最重要、と申しますか、電力こそが全てに必要なものです。ガスも水道も、今や電力なしには供給できませんから。社会インフラの全てが、電力なしには維持できないのが現代です。

命の水とはいわれますが、命の電気と言われることはまずありません。生理学的にはそりゃそうですよね。一方で、現代の医療に思いを馳せたとき、電力で命を繋いでいる人がたくさんいることはご想像いただけるかと思います。しかし電力で生命活動を維持している人が、隣に住んでいる可能性があると思う人は少ないのでは。ところが実際に、あなたの隣に住んでいるかも知れないのです。

呼吸するために電力が必要な人たち

世の中にはいろいろな病気があり、「呼吸する能力が低下する病気」というのもございます。肺炎なんてのはその最たるもので、熱が出て、咳が止まらず、息が苦しくて酸素マスクをつけられるなんて想像をする方もいらっしゃるのかな。まあ、重症例ではそんな感じです。

肺炎であればだいたいは一過性で、適切に治療すれば元通り。しかし慢性的に呼吸能力が低下する病気もあります。COPD*1や肺がんがそれです。逆に言うと、COPDや肺がんは呼吸能力こそ低下しているものの、他は正常ということも多くあります。となれば、呼吸能力を補えば普通に生活できますから、呼吸能力を補う装置を持って帰って使ってね! となります。これが「在宅酸素療法*2」で、持ち帰る装置が「酸素濃縮器」です。

酸素濃縮器の仕組みはWikipediaを見ていただくとして、肝は、酸素濃縮器を動かすのに電力が必要だということ。災害で自宅の電力を奪われたから避難所へ、ん? 避難所になら電力があるの? 北海道全体が停電している中、避難所にバックアップ電源ってあるの?

避難所としてよく使われる公民館や小学校の体育館に、バックアップ電源なんてありません。全国的にはごく一部の避難所でバックアップ電源があるようですが、圧倒的多くには備えられていません。在宅酸素療法を行っている人にとっては、避難所への避難が難を逃れることにならないわけですね。

となると、在宅酸素療法を行っている人たちは病院にやってくるわけです。大規模停電の最中、電力*3や酸素濃縮器の産物である酸素*4が安定供給される傾向にあるのが病院だからです。電力さえあれば家で、あるいは避難所でのんびりできる人たちが病院に来る。このことが意味することが何か、お察しのことと思います。停電に加えて地震やら火事やら水害やら、他に患者が増える要素があったとすれば悲惨なことになります。

現在、在宅酸素療法を導入している人は全国で15万人以上*5*6、全人口の0.1%以上もいるそうです。稚内で考えると、稚内市民は3.5万人ですから、在宅酸素療法導入者は35人程度と推測されます。停電時に受け入れることになるであろう市内の病院*7の一般病床数は308床。突然1割が入院不要なはずの患者で占められることになります。258/308床を有する市立稚内病院の病床稼働率は7割程度であることを踏まえ、市内の空き病床数は平時で90床程度。災害時、避難所にバックアップ電源があれば90床空いている状態から始まりますが、バックアップ電源がなければ55床から椅子取りならぬ病床取りゲームが始まります。

在宅酸素療法を導入している彼らのためにも、また、彼ら以外の病院に来る人のためにも、避難所にはバックアップ電源が設置されるといいなと思います。

災害対策にも現代化「おいでよ! 避難所へ」

避難所にバックアップ電源があれば、近年課題となっている避難率の向上にも一役買うのではないかと思います。停電している地域において、電力の人気たるや半端なものじゃありません。*8

今回、稚内では宗谷バスが自社のバスをUSB給電装置として運用して大変好評だったようです。

安定した電力が避難所にあると知れ渡れば。みんな、喜んで避難してくるんじゃないでしょうかね。

あー、うん、わかってます。彼らが電力を欲する先には、落ちないITインフラの存在があるってこと。IT業界のみなさまにおかれましては、そんな理由で避難されても頭痛が痛むだけかも知れませんが。命を救うことすらしているんだと誇りを持っていただければと、医療業界の末席におる私は思うのです。

ホンダ EU16iT1 JN3 正弦波インバータ搭載発電機

ホンダ EU16iT1 JN3 正弦波インバータ搭載発電機

個人で小さな発電機を買っても、ガソリンがね。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:慢性閉塞性肺疾患」の方が一般的なのかな。

*2:HOT: Home Oxygen Therapyとも呼ばれます。

*3:一般家庭以上、データセンタ未満のバックアップ度。

*4:病院にある酸素だって大元は電力を用いて製造しているんですけどね。

*5:https://www.mtjapan.or.jp/jp/mtj/cn/pdf/hospeq2014_jp_01.pdf

*6:http://www.awmi.co.jp/images/upload/pdf/HOT%E5%85%A5%E9%96%80.pdf

*7:稚内市の病院の守備範囲は市外も含むけど、この試算で気にするほどの人口はない。

*8:豪雨如きで電力供給は止まりませんよ。って話になると、何だけど。

市役所すらデマを飛ばす最果ての成れの果て

夜勤明け アイス食えずに 泡を食う

本日、稚内市役所が興味深いお知らせをウェブサイトに掲載しました。

 稚内市では、このたびの「北海道胆振東部地震」による全道的な停電により、市民生活、観光サービスなどに影響がありましたが、9月8日には市内全域の電力が回復し、市民生活、観光サービスなどは平常通りに戻っております。

 稚内へお越しいただく予定の皆さまにおかれましては、安心して稚内へお越しください。

 皆さまのお越しをお待ちしております。

稚内へ観光やビジネスでお越しいただく予定の皆さまへ より)

これが高度な情報戦か。大本営発表などデマが当然とは、我が国が70年ほど前に学んだことではありますが、正されたことではなかったのですね。

稚内は平常通りではないけれど、穏やかです

先ほど、JR稚内駅で写真を撮ってきました。

JR稚内駅 9月11日は全列車運休

本日9月11日は全列車運休です。観光サービスが平常通りとはこのことか?

市民生活についても、とてもじゃないが平常通りとは言えません。夜勤明け、活動時間がほとんどない私の生活においても影響があるほどです。

  • スーパーやコンビニ*1の棚がスカスカ。いつも買えるものが買えない。昨日は夕食の弁当が買えず、今朝はアイスが買えず。
  • ただでさえ少ない食事処、さらに休業のところもある。
  • 街灯が半分以上消灯されており暗い。平常の稚内ですら東日本大震災で節電していた東京より暗いん。今や本当に暗くて路面がよく見えない。

それでも、先に申した通り停電だけでしたからね。穏やかなものです。テレビのニュースでは崩れた道や街の絵がずっと映されていますが、揺れていない稚内にそんなところありません。平常通りではないけど、旅行で来られるのならば是非来てください。綺麗な風景は健在です。私おすすめの観光地もしっかり楽しめますよ。

nsns.hatenablog.com

稚内は観光業なしに生きていけません。こんなときだって観光客のみなさまには来て欲しい。だからこそ、デマを飛ばすのはやめてくれ。裏切りの代償が中長期的な観光客減少を招きかねません。

地震以降、稚内で見かけるバイクの数が激減しました。稚内は夏の間、本当にバイクが増えるんですよ。みんな稚内の外から来ます。通勤時に「いいバイク乗ってんなー」って眺めるのがささやかな楽しみなのですが、めっきり見なくなりました。特に多く見かけたHarley-DavidsonとBMWが全くいませんね。なぜなんだか。

この観光客の落ち込みに対して私が言えることは。「北へ 行こう ランララン」*2

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:つまりセイコーマート稚内におけるセイコーマートは、東京における小さなスーパーの役割も果たします。

*2:Four Seasons「北へ。」より。

震災の中の勤務に思う、今は看護師です

お久しぶりです。恒例の夏休みをいただいておりました、と言いたいところですが、今年はコミケへの参加を見送っています。新幹線のありがたみを知りました。来年に備えます。

代わりに十数年ぶりにバイクに乗り出しました。看護師はシステムエンジニア比で圧倒的に定時に帰れますし、稚内は日が長く、ちょいと走れば素敵な景色なので平日の夕方1時間でも楽しめます。稚内で赤いVFR800Fを見かけたら、気軽に声を掛けてください。

さて、本題。今や北海道は日本の話題の中心ですよ。北海道胆振東部地震、そして停電に関する話を。とは言え、みなさんニュース等で私よりよく知っていることが多いことでしょう。何回かに分けて、斜め上の話だけを。

稚内の被害は停電だけ

9月6日未明、稚内はほとんど揺れませんでした。私が目を覚ましたのも揺れのせいではなく、停電のせいです。そこは元IT業界民、停電となればUPSのアラームで目を覚まします。ちょっとした停電だろうと思って放っておいたらいつまでも鳴り止まず、外を見たら真っ暗。

Blackout. It's a view from my window. Even traffic signals are down.

そのうち目の前の北電稚内営業所の灯りだけが点いたので、これはヤバいんだなと思いながら、改めて眠りにつきました。

Hokkaido Electric Power Company Wakkanai Office starts to work. It would be to respond to the blackout.

結果として稚内は最短で16時間程度、最長で44時間程度の停電に見舞われます。停電以外の被害はありませんでしたが、ここをご覧のみなさまならお察しのことでしょう。今や何にでも電力を用いていますからね、いろいろ止まります。未だに物流は大きな影響を受けています。

我が家は40時間ほど停電でした。ちなみに停電で真っ暗になり灯りに困った人は多かったようですが、私は普段から使っているヘッドランプで難なく過ごしていました。部屋のドアノブに引っかけてあるので、真っ暗な中でもすんなり使い出せましたしね。

PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAD ブルー

PETZL(ペツル) TIKKA ティカ E93 AAD ブルー

ヘッドランプはPetzl TIKKAの古いモデルを使っています。実は地震の前日、最近のはもっと明るいんだろうなと、更新の検討をしていたんですよね。偶然ってあるんですねぇ。ちなみに今日、最新のACTIK COREを発注しました。

「あ、看護師になったんだ」と思った日

私の地震当日の勤務では研修が予定されていたのですが、研修は中止され、通常の病棟業務となりました。完全に停電していましたので、病院は自家発電での運用です。とは言え、データセンタ*1なんかとは乗りが違います。かなり限定的な運用です。外来と検査はほとんど止めて、病棟を維持する運用。まあ、この辺の話はそのうち。

看護師として約半年働いてきましたが、この日、どんなときよりも「あ、看護師になったんだ」って思いました。勤務中に世間の状況がわからないんです。どこで何が起こっているのか、いつ復電する見通しなのか、何もわかりません。病棟を維持することだけが業務ですから。その辺の情報を仕入れることができません。*2

システムエンジニアとして働いていた頃、私は東日本大震災を経験していますが、そのときは業務中でも世間がどうなっているのか情報を得るようにしていました。それも業務のうち。この経験があったので、ああ、違う仕事をしているんだなって思いました。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:IT業界ががんばりすぎているせいで、周りの誰もがITサービスの停止を想定していないよ。これ、己の首を絞めてんじゃねーの?

*2:情報を捌くことを業務とする連中がいて、そこで要約されてきた情報が配信される、とゆー素敵な病院もあるんでしょうが。

鳥に負けない終夜上映、わっかない白夜映画祭 2018

わっかない白夜祭の私曰く本丸、わっかない白夜映画祭に行ってきました。せっかくの稀少な終夜上映ですから深夜に観ようと、午前3時の『この世界の片隅に』を観てきました。

わっかない白夜映画祭については、こちらの記事をどうぞ。

nsns.hatenablog.com

稚内の24時間営業と言えば、鳥

稚内に来て驚いたのですが、稚内では鳥、野鳥が24時間さえずっているのです。真っ暗な中でも、賑やかに。深夜の街を歩いていて一番大きな音は鳥の鳴き声です。

自宅から稚内駅まではバス通り*1を真っ直ぐ歩いて行きます。夜、稚内で最も明るい通りです。

稚内、深夜のバス通り

歩いていても暗さは感じません。稚内としては貴重です。これが国道40号だと、20時、21時でもう歩きたくないほど暗いところがありますからね。

コンビニも閉まる深夜、稚内駅が明るい

JR Wakkanai Station at 2 am

会場となる映画館、T・ジョイ稚内はJR稚内駅も含む複合施設キタカラの中にあります。もしや駅側も開けているのではと思い自宅から歩いてきたのですが、おお、駅側も見事明るいじゃないですか。自動ドアも動いてる。

駅側からは映画館に入れず

けど、駅側から映画館、写真で奥に写る2Fには入れませんでした。となると、JR稚内駅は普段から24時間開放されているのだろうかと気になります。またいつか確かめてみたいですね。改めて映画館側から入ると、普段の20時、21時頃より全然人がいて驚きました。

I'm joining Wakkanai Film Festival. I watch Kono Sekai no Katasumi ni.

スタッフの方が全然多いけどね。このあと始まった『この世界の片隅に』の観覧客は10名ほど。うち2名はスタッフのようでしたから、実質8名か。85席のシアター2を使っていて、ガラガラでした。まあ、普段の上映でもガラガラらしいからねぇ。

作品についての細かな感想は書きませんが、完全にslice of life animeで、すずが可愛いからおもしろい的な内容。そりゃまあ、いびきをかいて寝る人も出ますよ。

この寂しい状況では厳しいのでしょうが、数ヶ月に1度でもこうやって普段上映されない作品を一夜限りでも上映してくれたらなと思います。稚内唯一の映画館であるT・ジョイ稚内ではどうしても売れ線ばかりが上映されていて、私としては観たいなって思うのがないんですよね。せめて年に1度、楽しむとしますか。

上映が終わり帰る5時過ぎには、すでに空は明るくなっていました。日課の朝の写真を撮って、おやすみなさい。

Good Morning from My Window. June 17, 2018

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:有名なオロロンラインの終点となる通り。