夜勤病棟の女神様(仮)

てっぺんの街、ひよっこナースの日常

暴風雨は回避した深夜帯 わっかない白夜映画祭 2019

引き続きわっかない白夜祭のお話。今回は我らが本命、年に1度の終夜上映がなされる「わっかない白夜映画祭 2019」の様子を現地よりお届け。上映開始を待ちながら書いております。

映画祭のタイムテーブルはこちら。

nsns.hatenablog.com

この深夜帯は思わしくない天気予報となっていましたが、暴風雨は16日の日中まで待ってくれたようです。現在、雨が降っており風も少し強いのですが、まだ傘が差せる程度。深夜上映だけに来る私には嬉しい天気ですが、映画祭全体で見ると集客を見込む16日昼~夕方で暴風となりそうなのは厳しいところかも知れませんね。

終電後グルメを実食

終電から始発までの観光におすすめしたラーメン広宣。おすすめをしておきながら深夜の時間帯に行ったことがなかったので、今回は終電到着後を想定して24時を過ぎてから、映画を観る前の腹拵えとしてチャーメンを食べに行きました。

ラーメン広宣

営業時間は昨年26時までだった気がするのですが、今日確認したところ27時になっています。鹿が多い日も安心、終電が衝突で遅れてものんびり食べに行ってください。

稚内駅が閉じている

昨年は26時のJR稚内駅が明るいことに驚きましたが、どうやら普段はちゃんと閉じていて、さらに今年の映画祭では開けないことにしたようです。暗い。

JR稚内駅 夜間閉鎖するのね

JR稚内駅、真っ暗

平日夜より賑わう深夜のロビー

ここからは帰って、寝て起きてから書いています。

普段は22時に閉鎖となる地域交流センターが、今日は隣の映画館と併せて24時間開放されています。去年もそうでしたが、たびの人たちがくつろいでいる姿が興味深いですね。この日をあえて狙っているのか、たまたまなのか。

わっかない白夜映画祭 深夜の上映中

01:50からの『SUNNY 強い気持ち・強い愛』上映開始が近づいてくると人が増えてきました。普段の21時頃と比べたら全然賑やかです。

01:50のSUNNY開場が近づき、人が増えてくる

観客は25名ほど意外と多かったのですが、ほとんどが中年女性に見えました。深夜という時間帯で若年層より中年層が多いのも意外ですが、男性が極端に少ないのも謎です。

23時から朝方(と言っても、4時にはもう終わっていた)まで併設営業していたWCF わっかないコーヒーフェスティバルの人によれば、コーヒーは40~50杯出るとのことで、来たら飲むだろうと考えると、深夜帯の映画2本で40~50人の動員があるようです。6月15日付の『稚内プレス』によれば映画祭の前売り券は1,000枚以上出たとのことで、深夜帯はその僅か5%。早朝を加えても10%には満たないであろう人のために行われている、文化の香り高い無駄遣いイベントなんですね。

映画館を出ると朝4時近く、外は風雨の悪天候ながらすでに明るい。この時期、3時台には明るくなりますからね。

夜明けのJR稚内駅

私は徒歩で、傘を差すことを諦めて帰りました。

医療の成功を観られる映画だよ

夜な夜な観た『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の感想を少し、このblogらしく医療の観点から。

素晴らしい。あと1ヶ月程度と告げられた、そして実際に1ヶ月ほどで亡くなった癌患者が、あんなに元気に、笑って過ごせるなんて。現代医療の理想的な結果が描かれています。医療は治療だけではありません。望む生き方を支える術。もし自分が、家族が、友人が、終末期に直面したとき、こういう選択を望むこともできるのだということを知って欲しいなと思いました。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com