夜勤病棟の女神様(仮)

てっぺんの街、ひよっこナースの日常

最北へ。

本当はこちらを年始の挨拶代わりにしようと思っていたのですが。前後してしまいましたが、私の卒業後、今春に関わるあれこれ。

こんなもん書いてないで国家試験*1のため勉強なり早寝なりをすべきなのですが。気にしない。

誰もいない北へ。

年始、1月8日から11日まで、稚内で部屋探しをしてきました。ここでもちらちら書いてきましたが、卒業後、来春からは稚内暮らしとなります。

JR稚内駅 冬期イルミネーション

稚内を選んだ理由は単純で、一番上まで行ってみようかなと。青森に決めた理由も新幹線に乗って一番遠いところ*2だったからで、その続きみたいなものですね。本州最北まで来たのなら、次は日本最北でしょう。探してみると最北の市である稚内市には病院がありました。

新幹線で西ではなく北を選んだのは「暮らしにくいであろう田舎で暮らしてみる」ためでしたが、ここ、弘前は暮らしやすいのです。あえて東京と比べれば制限だらけですが、毎日生活していて不便だと感じることはありません。来る前にあちこちから「車がないと生きていけない」と脅されましたが、そんなことはない、市街地であれば車がなくても困らないこともわかりました。これはナスたま的に重要なことです。周りは確かに車に頼りきりですが、必要ではないのですよね。短命県として名を馳せる青森*3でのこの経験は、生活習慣病に対する保健指導に役立つことでしょう。

新しい住まいは稚内市港三丁目。稚内の市役所、市立病院、中央郵便局、NTT東日本稚内ビルからほど近いところ。如何にも中心部といった顔ぶれですが、今時の住宅地は南に寄ったところになっており、中心部は何もかもが古く*4、あまり賑わっていません。今度こそ不便だと愚痴りながら暮らすのか。それとも再び意外と便利だと言うのか。乞うご期待。

引っ越しとなれば気になる『センチメンタルグラフティ』のヒロイン。北海道は沢渡ほのかでしたが、札幌です。北海道なので『北へ。』も気になるところですが、やはり稚内在住のヒロインはいません。最も近いのは旭川の北野スオミ

センチメンタル・グラフティ2

センチメンタル・グラフティ2

引っ越しには1週間かかる予定

「引っ越しは距離です」とは弘前に引っ越してくるときにお世話になった担当営業さんのお言葉。弘前から稚内はJRの営業キロで879.3 km、クロネコヤマト引っ越しサービスの算出で780 km、長距離の引っ越し故に時間も金も時間もかかります。23万円、6日後到着。東京から弘前のときは20万、3日後でしたから、さらに遠くなりました。日数は冬の北海道と言うことで余裕を見ているそうです。

荷物が運ばれている1週間は東京近郊にいる予定。稚内に行くのは弘前からより東京からの方が楽なんです。羽田空港 - 稚内空港間は早めに旅割で買っておくと片道2万を切ります。今回は旅割45で17,290円でした。時間もたったの1時間55分。稚内は空港から市街地までが近く、バスで30分ほどです。乗り換えを含めても羽田から2時間半でJR稚内駅に到着です。時間的にはとても近い稚内なのですが、惜しむらくはその便数。毎日往復1便しかありません。しかし逆に、毎日1便があると考えれば、意外と便利な気もしてきます、よね?

現在は引っ越しに向けて少しずつ荷造りを始めました。この3年間で減るはず物は微増しておりますが、この機にこそ減らして結果的に「減ったね」としたいところ。その結果は月末にでもお知らせできることでしょう。

看護師国家試験に不合格となったら

結構な数の試験を受けてきた私ですから、試験は何が起こるかわからないとよくわかっています。合格率が約9割と非常に高い看護師国家試験ですが、私が不合格になる可能性は十分にあります。では、不合格となった場合はどうするか。

稚内ハローワークに行ってきまーす。何にせよ、稚内での生活です。私の予定は試験に左右されないのだよ。ナースとなれるか否かはさすがに、左右されちゃいますけどね。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:看護師ではなくて第一級陸上特殊無線技士。日付としてはもう明日が試験日です。

*2:私が某りんごの街看護学校を受験した頃、東北新幹線の終点はまだ新青森駅でした。

*3:歩いて5分、10分のコンビニに車で行く人たちが住む青森。

*4:例外は2011年に建て替えた稚内駅舎。映画館、老人ホーム、行政の情報センターが併設されている。映画館はガラガラらしい。