夜勤病棟の女神様(仮)

てっぺんの街、ひよっこナースの日常

名前を書いて寝てれば合格さ

今年も最北端、稚内にある稚内高校衛星看護科の入試倍率を肴にしましょう。日付が変わりまして、今日が入試当日ですね。

北海道公立高校の入試はCOVID-19対策で2日間から1日間に短縮、2日目の面接は中止し1日目の学力検査のみとなったようです*1。28日金曜日の発表だったので、週末に北海道教育委員会のウェブサイトの更新がないのは間に合わず月曜なのかと思っていましたが、その月曜を過ぎ、3月4日火曜日0時時点で情報が見当たりません。まさに現在のような状況下でデマやフェイクニュースに注意って教育に影響が出るのではないかと老婆心ながら心配いたします。

閑話休題。当blogでは淡々と、今年も稚内高等学校衛生看護科への応募状況を楽しみます。

2020年、稚内看護科は0.45倍

稚内高等学校 衛生看護科 入学者選抜状況

募集人員 推薦標準枠 1次*2 出願者数 *3 1次 受検者数 *4 1次 倍率 1次 合格者数 2次 受検者数 2次 合格者数 入学者数 1次推薦 受検者数 1次推薦 合格者数 1次 一般募集人数 1次一般 出願者数 1次一般 倍率
2020 40 20 24 13 0.60 11 11 29 13 0.45
2019 40 20 42 42 1.05 40 0 0 40 9 9 31 33 1.06
2018 40 20 39 38*5 0.98 39 0 0 39 25 20 20 19 0.95
2017 40 20 53 53 1.33 40 40 23 20 20 33 1.65
2016 40 20 36 35 0.90 35 1 1 35 20 20 20 16 0.80
2015 40 20 33 33 0.83 33 0 0 33 17 17 23 16 0.70
2014 40 20 39 39 0.98 39 0 0 39 18 17 23 22 0.96

北海道教育委員会「高等学校入学者選抜情報」をデータソースとして、「1次 倍率」列および「1次 一般募集人数」列以降は手元で算出、その他はそのまま引用しています。「1次推薦 合格者数」列までデータソースのままとした列順です。2020年の推薦合格者数*6は定員割れだったため全数合格として計算しています。

もう、何も言うことはありません。数字だけで十分でしょう。一般0.45倍。1.0倍を大きく下回り、募集の半数すら切りました。ガラガラじゃねぇかよ。データがさらえた2014年以降で定員内不合格は出しておらず、受験さえすれば合格できる状況です。

すでにお伝えした通り北海道全体で応募は定員以下がほとんどとなっており、最終的な数字も全日制全体で0.98倍*7宗谷管内では稚内の商業科が唯一定員を超えて1.17倍。と言っても定員から6名多いだけで、普通科の倍率が0.84倍、空き17名であることを考えると2次試験を滑り止めにでき、総じて定員以下、全入です。看護がどうのとかではなく、地域における高校進学者数が少ないとしか言いようがありません。

看護師行きで伸びているのは大学のみ、その裏側は

大学やら専門学校やら看護師行きの道となる学校をひっくるめて「看護師等学校養成所」と呼びますが、その入学者数は堅調に伸びているとの認識でした。しかし2019年度で減少に転じたんですね。

これはこれでそのうち記事にしようかなともうっすら思うのですが、興味があれば「 【2019】看護学校の入学者が3年ぶりに減少、看護大新設の動きにも変化が…|看護roo!」あたりがおすすめです。

同ページ中、大学、3年課程(専門学校)、5年一貫校(衛生看護科)とあるのが新卒看護師を養成する学校です。2年課程は准看護師から看護師への転換用なので今回のネタ的には無視してよいところ。2019年も大学は延ばしたものの、3年、5年が減らして全体では減ったようです。

これだけ見てしまうと「大学が人気なのね」となってしまいがちですが、大学と3年、5年では設置地域に違いがあるように感じています。田舎にはないんですよ、大学なんて。全体数が減少しているのも、比率の変化も、少子化や過疎化によるところなんじゃないかと思わなくもありません。この辺はちゃんと数字を並べてみないとなんとも言えないところですが、分析すればおもしろいところかも知れませんね。

では受験生のみなさん、くれぐれも遅刻はなさらぬよう。定刻に座って名前さえ書けば合格なのですから。

新・桜通信 合本版

新・桜通信 合本版

この手の話が通じなくなっていくのかも知れませんね。悪いことじゃないと思いますが。

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:公立高校入試4日の学力検査のみ|NHK 北海道のニュース

*2:1次試験は言い換えれば前期日程。2段階選抜ではありません。

*3:1次 出願者数 = 推薦合格者数 + 一般出願者数。おかしく感じるけど、数字を見る限りこういうことみたい。

*4:1次 受検者数 = 推薦合格者数 + 一般受検者数 。1次 出願者数に準ずる。

*5:あれ? と思ったけどデータソースがこうなってる。

*6:正式には現時点において「推薦内定者数」となる。

*7:公立高校入試 全日制0.98倍|NHK 北海道のニュース