夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

珍事である理由がそこに?

看護学校における秋の風物詩

今日は(昨日は)誓い式が行われました。何それ? かつて戴帽式だったものと言えば、わかる人もいらっしゃるかな。

戴帽式 - Wikipedia

臨床での実習へと送り出す儀式と言ったところです。通っている学校ではご多分に漏れずナースキャップ廃止の流れを受けて、蝋燭の灯火を授受する式典になっています。『ナイチンゲール誓詞』*1を唱和するのは変わらず。

ちなみにナイチンゲール誓詞こと『Nightingale Pledge』はFlorence Nightingaleが記したものではありません。興味があればWikipedia当たりをご覧いただければと。

Nightingale Pledge - Wikipedia, the free encyclopedia

この式典自体はネタになるようなものでもないのですが、周辺でおもしろい話がありましたので、今日、明日と2本、取り上げていきましょう。今日は軽い方から。

何か思うことに意味がないと思ってるのが私

ふと、ある先生に言われたんですよ。「以前の職場の人たちは今、どんな風に思ってるんですかね?」って。

変な意味ではなく、文脈含めて言うと2つの問いだったのですが。

  1. 看護学生としての私をどう思うか
  2. 社会人から転向して看護学生している状況に関してどう思うか

前者は言うまでもなく「相変わらずおかしなことやってるよねー」で決まりなんですけど。

後者って私自身は考えたこともありませんでしたし、周りの人から聞いたこともほとんどありませんでした。僅かに聞いたのは「私は二度と試験なんて受けたくない」って声。

社会人、ましてや好きに楽しくやっていた社会人が、学生、それも18歳の女の子たちと詰め込み教育を受けてる状況、どう思う?

もしよろしければ、みなさんのご意見をくださいな。

*1:誰が翻訳したのか知りませんが、かなり古いであろう翻訳をずっと使っているようですね。今となっては読みにくい読みにくい。