夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

ご指名、お待ちしております?

今日(日本標準時では昨日)の看護技術演習は全身清拭でした。入浴できない患者さんの身体を温かいタオルで拭きます。一般のご家庭でも普通に行われていることでしょう、やることはわかりやすいですね。

Throw a yuzu in a bath!

看護学校ですから*1演習の材料は生身の人間、学生です。とゆわけで、裸になった患者役の学生を、看護師役の学生が清拭するわけですな。

男女別で。*2

患者さんは安楽を求めるのデス

その良し悪しはさておき、男女別なのは学校に限った話ではありません。

病院の標準対応として、特に若い女性患者さんの全身清拭を男性看護師が行うことはないそうです。しかし女性患者さんが男性看護師を希望することは可能*3。短期入院であれば退院後の土産話に、長期入院であれば生活の楽しみに、試しに希望してみてもおもしろいかも知れませんね。

看護が目指すは患者さん個人の安楽。看護師のご指名が健康の回復の一助となるのでしたら、喜んで対応いたします。それが看護提供者のお仕事デス。やりたいとかやりたくないとか、お仕事なんだからございませんよ。*4

おまけ

男女別だったことは、看護とは離れた観点で残念でした。ああ、未だにこうなんだなと。

機能的には男女別にする必要ってないんですよね。つまり気持ちの問題。もちろん看護における安楽はまさに気持ちの問題ですから、患者さんにこの話を持ち込もうなどと全く思っていないと断った上で。男女差別って気持ちの問題の上にあるんですよね。男女差別をなくそう、男女平等を目指そうって、気持ちの問題をどうにかしようてこと。なのに、ね。

ネピアテンダー 介護用ドライタオル 100枚

ネピアテンダー 介護用ドライタオル 100枚

おすすめ関連記事

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

*1:どこも同じではないようですが。と毎度申しておりますが、また繰り返しちゃう。

*2:男女別になる唯一の演習。

*3:人的資源の制約から応えてもらえないかも知れませんが。

*4:とってもとっても気を使うだろうなぁとは思う。