夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

僕は喜劇的なんだよ

この記事はいろいろ問題あるんでちと待ってて

あのテレビCMがよく流れてたの、センチよりちょっと後かな。

nsns.hatenablog.com

その様が滑稽だから

ムンテラインフォームドコンセントで改善が見られる医療業界ですが、とんでもない言葉をぶち上げたことを思い出しました。

コメディカルですよ、comedical。お言葉通り笑ってあげるよ。

コ・メディカル(和製英語: co-medical、英: paramedic)とは、医師や歯科医師の指示の下に業務を行う医療従事者を指す。コメディカルスタッフとも呼ばれる。

コ・メディカル - Wikipedia より)

おわらいよういん、か。えがおはかんじゃさんをげんきにするからね!

引用部にもある通り、英語ではparamedic, paramedicalです。そして一時期は、パラメディック、パラメディカルだった。しかしあえてコメディカルにした理由がcomedical。Wikipediaにもあるよう、「para」は医師以外が医師に従属し、卑下される関係を示していると考えたらしい。昨今流行っているチーム医療*1の考え方にぴったりってのがまたcomedicalなんだよ。

医師と、医師以外の間には、明確に上下関係があります。そりゃそうなんですよ、業務内容から見ればいわゆるピラミッドを描く組織ですから。繰り返しますが、上下はある。業務的には従属するもの。これは持論ではなく、法律が言っているのです。例えば看護師の業務は「医師又は歯科医師の指示」に基づき行うと保健師助産師看護師法で定められています。

nsns.hatenablog.com

だからこそcomedicalだと笑うのです。東芝の失敗を見てまだ「para」が気に食わないってんならcomedicalとしか言いようがない。業務上の上下、従属に、偉いか偉くないかという別の感覚を持ち込んでいるから、comedicalなのですよ。

組織による業務成果を最大にするために、各構成員の能力を最適に使うために、業務組織において上下を作るのです。「para」が下であったとしても、従属であったとしても、卑下される存在ではない。高層ビルの基礎を取っ払ってみなよ。崩れるから。そして真ん中を取っ払っても、頭を取っ払っても高層ビルにはならない。組織の構成には違うものが必要、全てが必要。

コメディカルという言葉こそが、組織において偉い偉くない、卑下するされるという考えを堅持しているわけですな。日本の組織統治における考え、ひいてはチーム医療なる組織統治の結果が如何にcomedicalかを言い表していてお見事って言っておこうか。

*1:あえて名付けるほど、日本の医療ってのは縦横割れていた(いる?)んでしょうね。