読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

その薬、製造国はどこですか?

日常 消化器 医薬品

天津浜海新区倉庫爆発事故はまさに対岸の火事だと思っていたのですが。そいつぁナスたまとしちゃ恥ずかしい話だぜってGlaxoSmithKlineが言ってる。

GSK天津工場被災に伴うB型慢性肝疾患治療薬「テノゼットR錠300mg」出荷調整のお知らせ

2015年8月12日に起きた中国天津浜海新区倉庫爆発事故により、弊社GSK天津工場が被害を受けました。本工場では日本向けのB型慢性肝疾患治療薬「テノゼットR錠300mg(一般名:テノホビルジソプロキシルフマル酸塩)」を製造しておりますが、爆発事故による被災により本剤の製造・出荷が停止しており、8月31日現在、本工場の操業再開の目途が立っていない状況です。

この状況をうけ、誠に遺憾ながら本剤の特約店様への出荷調整を実施させて頂くことを決定致しました。なお、2015年8月末時点での国内における本剤の弊社在庫数は、月間出荷量の約2カ月分でありますことをご報告させていただきます。

http://glaxosmithkline.co.jp/press/pdf/tenozet20150831.pdf より)

なんと。ここでふと気付くのです、薬の製造国って気にしてないなぁって。今後、手にするものを片っ端から見てみよう。

日本肝臓学会の発表を見るに、テノゼットは長期処方もなされる薬のようです。影響の大きい患者さんもいらっしゃるのかも知れません。

会員の皆様におかれましては今般の事態につきご理解頂きご協力くださいますようお願いいたします。

具体的には、

  1. テノゼットの処方を新たな患者に対し開始することを控えること、
  2. 現在テノゼットを処方中の患者に対しては、長期処方を避け、一処方箋あたりの処方期間を短くする、

ことをご検討下さい。

テノゼット錠300の出荷調整に関するご協力のお願い|学会からのお知らせ|お知らせ|一般社団法人 日本肝臓学会 より)

自給率チャイナリスクでお騒ぎのみなさま、たまには医薬品のことも思い出してあげてください。

この話で驚いたのは、知的財産の塊のような新しい薬が中国で作られてるんだってこと。でも、よく考えてみれば、秘密である必要があるのは研究開発して特許を取るまでなのかな。医薬品の研究開発から市販までってちゃんと調べたことないや。まあ、これはそのうち授業で出てくるだろうから、積んでおきますかね。

ところでGSKって一般用医薬品やってないのかなーってふと思って調べたら、コンタックがそうなんですね。