読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

本業を終えて夏休み、じゃないの?

お久しぶりです。とゆわけで、元気でいるよーってお伝えしがてら近況とか。

いただいているコメントには、後日ちゃんと返信いたします。恐れ入りますが、少々お待ちを。

24時間戦えません

私のことをご存じの方はお察しかと思いますが、看護学校としては夏休みに入ってから、本業一色に染まっていました。型紙担当(私)がデザイン重視で型紙を書きやがりまして、縫製担当(私)がこんなの縫えるかよとか愚痴りながらも何とかなったのが今夏です。さすがに10年以上もやってると*1上達するんですねぇ。コスプレイヤーさんがんばったよ。ちなみにこの技術、看護学生的にはナース服の裾上げに活かされます。ナース服が美しくないなんて許されませんからね。

看護学生になったから夏休みがあるよね。夏休みにだーっとやれば間に合うよね。と思って本当に夏休みに入ってから手を着けたのですが、連勤は苦行であるってことをすっかり忘れていました。いやー、某IT業界にいた頃も、ここ、よく忘れちゃう子だったんですよ。土日にぐったりしながらキーボード叩いていたことを思い出します。

とにかく夏コミも終わったのでゆっくりしたいのですが。宿題と試験勉強が。宿題は数日の無理で乗り切れますが、対試験戦線はそう甘くありません。8月と9月で6科目、厳しいなぁ。休みをくれ。

聞かれて改めて考える生活の変化

コミケってどんなところ?」って聞かれたら「同窓会かなぁ」って答えちゃう私です。「看護学生になって、弘前に行ってどう?」ってのは何度も聞かれました。改めて考えても、まず出てくる答えはこれなんですよね。

「あっと言う間に慣れちゃったと言うか、馴染んじゃったと言うか」

いろいろ話す中で繰り返し考えるんですけど、何が良いとか悪いとか、好きとか嫌いとかって出てこなくて「特に言うことないんだよなぁ」って感じ。

もちろん、細かく言えばあるんです。コスプレ衣装にしたって、その生地を買うために東京に出ました。そーゆー不便さはあります。金を自由に使えなくなりました。そーゆー厳しさはあります。

でも、総じて普通だよって思う。だいぶ前から自覚はあったんですが、妙な柔軟性があるんですよね、私。多くの人に社会を舐めてるとか言われる類の。「目の前で起こっていることは変えられない事実、それに対してどうこう言う意味ってある?」って姿勢、全然変わってないみたい。

2015年の夏休み

さて、残すところ1週間となった夏休み。宿題と試験勉強かなー。このブログのネタもいくつか積んでるので、復帰して捌きたいと思っています。

あ、今週末に同人誌即売会が1つ。んー、また前日1日で乗り切るの? 学生に戻ったらゆっくり書けるかと思ってたんだけどねぇ。

なお、夏休みと言えば『アキハバラ電脳組』ってことで今夏もその音楽にはだいぶお世話になりました。一押しは「華も実もある人生だけど…」かな。いいのか、それで。

「アキハバラ電脳組」?Rubification

「アキハバラ電脳組」?Rubification

*1:17歳だけどね。