読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

試験がなければレポートを食べればいいじゃない

来月は多分そーゆーことなんだろうと思いつつ。

6月の試験、全て終了

7月になったのだから当然だろうと言われちゃいそうですが。筆記4つ、実技1つを終えました。

まだ筆記3つの結果が返ってきていませんが、余程のことがない限り及第点を下回ることはありません(キッパリ)。試験内容は今のところ、大学時代よりだいぶ緩いなって感じです。筆記は全て弘前大学からいらっしゃる教員の担当科目ですね。手加減してくれてるなぁと。ここまで手加減されてしまうのがいいことなのかは微妙だと思いますが。直接国家試験や実務に繋がらないからなのでしょう。

人体の構造と機能(解剖生理学)の先生が「私はここを飛ばしていたんですけどね、国家試験に出るんですよ」と言っていたときの寂しげな顔が忘れられません。何度か「人体全体を理解して、医師と会話できるようになってください」みたいなことも言ってたときも、ちょっと、ね。うん、がんばるよ!

振り返ってみると試験だけで3つも記事書いたのか

nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com nsns.hatenablog.com

さて、明日、日本時間にして今日、閏秒を明けては社会科見学です。階段を上るのが楽しみデス。