読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤病棟の女神様(仮)

りんごと桜の街、看護学生の日常

看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第3夜 「できない」が導く誤解

まさかの第3夜。前2夜はこちら。 看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第1夜 - 夜勤病棟の女神様(仮)nsns.hatenablog.com 看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第2夜 看護師はなぜ動脈穿刺できないか…

看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第2夜 看護師はなぜ動脈穿刺できないか

飲んで書いてる場合じゃねぇだろ、試験勉強しろ。ってわかってるんですけどね。やる気起きることからやるのがここでのたしなみ。 この記事は昨晩の続きですよー。 看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第1夜 - 夜勤病棟の女神様(…

看護雑誌で今夜も一杯 『日本看護協会機関誌 看護 2015年7月号』 第1夜

久しぶりに書きますか、二杯目のハイボールを飲みながら。実はこれ、夏休み前にネタを仕込んでいたんですけど、本業があんなヤバいことになるとは。結局、明けて初日にやっと書こうかなと。今なお来週の試験に向けてヤバいんだけど。 今回のネタは日本看護協…

時代は艦これよりとうらぶ

2015年6月号から突如始まった『INFECTION CONTROL』の艦これインスパイヤ企画「感染コレクション 感コレ」。 乗るしかない、このビッグウェーブに。かんせんだもの。 - 夜勤病棟の女神様(仮)nsns.hatenablog.com 7月号でも無事続いていました。よかったよ…

看護雑誌で今夜も一杯 『整形外科看護 2015年7月号』

1週間お休みをいただき、図書室の雑誌も新刊が出そろった今週。手に取ったのはおなじみメディカ出版の『整形外科看護』2015年7月号です。 整形外科看護 2015年7月号(第20巻7号) 特集:はじめのはじめからまるっとわかる 整形外科ナースのための 麻酔看護のQ&…

看護雑誌で今夜も一杯 『小児看護 2015年6月号』

今回読むのはへるす出版『小児看護』2015年6月号。月刊誌です。言うまでもなく小児に対する看護を専門に扱う雑誌です。 小児看護 2015年 06 月号 [雑誌]出版社/メーカー: へるす出版発売日: 2015/05/21メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る またまた注…

看護雑誌で今夜も一杯 『看護実践の科学 2015年6月号』

「創刊40周年!」の文字列に惹かれて手に取ったのは看護の科学社『看護実践の科学』2015年6月号。 看護実践の科学2015年6月号 特集:事例を通して考える入退院センターにおける看護の役割出版社/メーカー: 看護の科学社発売日: 2015/05/18メディア: 雑誌この…

看護雑誌で今夜も一杯 『精神看護 2015年5月号』

1週間経つの早いですねぇ。いつまで週刊でいけるのだろうかと思いつつ。目下今週は道楽でこれ書いてないで、さっさとレポートを書けって感じなんですが。道楽を失うのは最期でいいのさ。 今日の肴は医学書院から隔月刊として発行されている「精神科医療従事…

看護雑誌で今夜も一杯 『BRAIN NURSING 2015年6月号』

今週の肴は先週に引き続きメディカ出版発行。『BRAIN NURSING 2015年6月号』、その名の通り脳神経看護を扱った雑誌です。 ブレインナーシング 2015年6月号(第31巻6号)特集:“眼”は脳を映す鏡! トコトン明快! 瞳孔・眼球運動の異常、視野障害出版社/メーカ…

乗るしかない、このビッグウェーブに。かんせんだもの。

せんかんじゃないよ 酒の肴にする目的以外でも、多少は雑誌をめくるんですよ。先週紹介した『INFECTION CONTROL』の最新6月号もパラパラと。 ん? 何やら浮いてる小さな記事があるじゃありませんか。「感染対策お役立ちツール」としてダウンロードできるです…

看護雑誌で今夜も一杯 『INFECTION CONTROL 2015年5月号』

ATMみたいな 前回はわかる領域に手を着けてしまったが故に負の盛り上がりを見せてしまいましたので、今回は。と言いつつ、やはり馴染みのある文字列には目が行ってしまいます。 今週はメディカ出版『INFECTION CONTROL』の2015年5月号を肴にしてみましょう。…

看護雑誌で今夜も一杯 『看護管理 2015年4月号』

肴はおいしくいただく 今日から始める新ネタ。看護雑誌を肴に一杯飲みながら、思ったことを書いちゃおう。看護学校の図書室には見たことない雑誌ばかりが並んでいます。これ、使わない手はないよね。と、また足りない時間を浪費するような企画を...。 さすが…